葉っぱと雑貨が好きな大学院生のつぶやき。          +M●Nblog『日々つれづれきな粉』の掲示板♪         by きなこ。


by kinacomin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

タダイマです。

お久しぶりです!
昨日のお昼に戻ってきました。

帰り、タクシーとばしたのに、飛行機が遅れたせいで
ゼミ開始には全然間に合いませんでした;

マダマダ疲れがとれませぬ~(p_q )

トリアエズ、一枚up。
d0061877_2185456.jpg

[PR]
by kinacomin | 2005-06-29 21:09 | ★original★

透明なユリ

4年くらい前のですが、写真が見つかったのでupします。

bunga3さんのところにトラックバックさせていただきました!!
d0061877_2411651.jpg

夜に大学構内を散策していたら見つけました。
最初、目の錯覚か?と思いましたもん!
でも、ほんとに半透明のユリです。

中にちっちゃなカタツムリが見えますか?
奥の未透明ユリには、緑色のバッタ系昆虫が数匹たかっています。

カメラはミノルタαシリーズ、
フィルムは多分、当時愛用していたフジの4つ感色層のあるヤツの100でしょう。
フィルムからデジタル画像へ落としていたものです。
[PR]
by kinacomin | 2005-06-23 02:48 | ★original★

間近!!

またまた、お久しぶりになりました;;
blogはサボってますけど、毎日フルタイム稼動中です(p_q )

実は、数日前になりますが、この忙しさの合間を縫って、
遂に!遂に!

祝! デジカメ購入♪♪

これは、『たまごさまの庭』 風景です (・ェ・@

d0061877_224935.jpg



他にもご報告あり!!

 1) 葉っぱニューフェイス×3
 2) 植え替え
 3) 悲しいお知らせ

上記3項目は暇を見て少しずつ更新していく予定です♪

トリアエズ沖縄!!
楽しみです♪
[PR]
by kinacomin | 2005-06-22 22:54 | ★original★

アジサイの色

日々締め切りに追われているきなこです;

予告してました、アジサイの色について簡単にメモっておきます。
そういえば、普段忘れがちですけど、
アジサイって色がついてる部分は『がく』にあたるんですよね。
花は、真ん中のポツっとある玉みたいなのがそうです。

  アジサイの色変化の原因は、
   1) 液胞の酸性度
   2) 土壌のアルミニウムイオン量
   3) 助色素の割合
   プラス、日照条件。

  で決まる。

 1)の『液胞』というのは、
 「植物の細胞の中にある老廃物などをためておく袋」なんですが、
 アジサイの唯一の色素『アントシアニン』は、この液胞の中に存在しています。
 アントシアニンの水溶液は酸性で赤色、アルカリ性(pH8ぐらいから)で
 青色に変化することは古くから知られていました。

 2)1)は確かなことなのですが、
 最近になって細胞内の酸性度とアジサイの色の関係は
 もっと複雑であることがわかってきたようです。
 測定の結果、アジサイの色が青い細胞の酸性度は平均でpH約3.9、
 赤い細胞が平均でpH約3.2 とどちらも酸性を示し、
 アジサイの色は酸アルカリの度合いだけで決まるのではないことが
 はっきりしました。

 実は、アジサイのアントシアニンは
 アルミニウムイオンと出会って構造が変化し、
 それにより、アルカリ性でなくても青くなることがわかったのです。
 アルミニウムは酸性で水によく溶けるため、
 土壌を酸性にするとアルミニウムイオンがアジサイに吸収されやすくなり、
 逆にアルカリ性だとアルミニウムイオンが溶け難くなるため、
 吸収されにくくなります。
 (アルミは、土壌に豊富に含まれているミネラルです)
 つまり、土壌が酸性で青色アルカリ性で赤色を示すという傾向です。

 3)助色素は、
 「それ自身は色がなく透明だが、色素であるアントシアニンの色に影響を与える物質」
 のことです。
 こちらはシンプルで、遺伝的要素といったところです。
 助色素の量は遺伝的に決まっているため、
 青系の品種、赤系の品種が存在するのはこのためです。
 ただ、赤系の品種も、アルミニウムを過剰に与えれば青っぽくなるようです。

 ちなみに、白色のアジサイは遺伝的に色素(アントシアニン)を持たないため、
 どのようにしても色は変化しないそう。

 それから、アジサイは1つの がく の中でも細胞によって微妙に色が違い、
 「いわば、まだら色の結果があの微妙な色彩を生み出している」
 ということみたいです。

 栽培農家の方からも
 「毎年同じように育てても何故か同じ色にならないので苦労している」
 という声が聞かれるそうで、
 これは、色素の合成に光が関わるため、
 日照条件が発色に影響を与えているということだそうです。

(参照、引用:Newton 2005年07月号 P124-125 より)


ちょっと固めの話でしたが、かな~り雑に書いてしまいました;
読みにくかったらスミマセン;;
わかりにくいところがありましたら補足説明しますので、
コメントをお願いします m(_ _ m
(『参照と引用の区別をはっきりせんか!!』ってのは今回はナシの方向で;;)

今はこれが精一杯です(p_q )ユルシテ~;;
[PR]
by kinacomin | 2005-06-18 22:26 | ★original★

ご無沙汰でした…

どうも。
気がつけば前回の更新より10日も経過してました…

その間、飽きずに足を運んでくれた奇特な方、Thanksです!!

え~、この空白の10日間、きなこが何をしていたかと言いますと、
         先週 : 昼間は出稼ぎ(笑)、夜は仕事(研究)、
   先週末~今日 : ひたすら研究(泣)。

色気も何もあったもんじゃないですな…

何でこんなに切羽詰ってんのか…理由は明らかです。
  来週末~再来週頭 : 沖縄行き
& 7月初旬、秋学会要旨提出、 6月1日より夏の若手会幹事の仕事 始動。

話題は沢山あるのに、更新する暇がない~(p_q )
[PR]
by kinacomin | 2005-06-15 18:06 | ★original★

あぁ、失態…

次からはちゃんと蚊取り線香にします…

みんな、どうか元気になって…

押し葉は一挙に40~50ほど出来てしまいました;;
[PR]
by kinacomin | 2005-06-05 21:19 | 日々つれきな

鉢替え♪

実はこの鉢、元祖ゴールドクレストくんのものでした。
先代は一昨年の秋の学会で留守にした際、枯れてしまったのでした…

今度は絶対枯らしたくないですよ、

彼(ゴールドクレストくん)と共にガンバリマス★
[PR]
by kinacomin | 2005-06-05 21:15 | 日々つれきな

髪を切る♪

-----------《実験的に、本家:日々つれきなと同文を掲載》------------


久々に髪を切りました!
実に3ヶ月ぶり?
よくココまでいじるの我慢したなぁと、自分でも感心★

普段のきなこをご存知の方は知っておられるかとは思いますが、
きなこは、髪…自分で切ってます (*^-゚)v
高校の時ぐらいからなんで、もう習慣化。
結構評判も良いです♪(多分…)

何故自分で切るかというと、まぁ…説は様々ですが、
「色んな折り合いが良いから」 なんですね。

で、一時期、実家の妹も真似して(?)切ってたんですが、
そこはキャリアが違うので…
結局、きなこが整えてあげてました。

妹、きなこに似てか素直じゃないんですね;
素直に、「姉、切って欲しい」って言えないの。
以下、その時の様子↓

-----------------実家に帰省(着いて直ぐ)-----------------

きなこ 「もしかして、自分で切ったの?」
妹   「うん、こないだね」
きなこ 「なんだ、言ったら切ってあげたのに」

------------------------夕飯の席で------------------------

(オモムロに)
妹   「…髪切ろうかなぁ…」
母   「あんた、この前自分で切ったばっかりでしょ?」

きなこ 「…(なるほどにゃ)」
------------------------------------------------------------


素直じゃないなぁ 中学生(当時)! (笑)
性格なのか、時期的なものか…

で、夕飯の後、「何処が気になるの?」って言ってあげると
「ココら辺をもっとこうしたい」って言ったんで、切ってあげましたとさ。

自分で切る時のコツは、鏡2枚を対にして固定することと、
リラックスしてやること。
後は、経験と勘!!
[PR]
by kinacomin | 2005-06-02 20:18 | 日々つれきな

水無月。

そういえば、『また明日』なんて言ったの久しぶりです!
高校までは毎日言ってた言葉なのにねぇ。
最近は、「おつかれ~」とかですもん。

今日使った意味とは違うけど、
おもむきがあって、いい言葉です。

今は、なんとなく切なく感じてしまいます…
[PR]
by kinacomin | 2005-06-01 22:40 | 日々つれきな